世界的に広がりを見せるISO規格

規格認証の仕組みISMSがISOに統合され認証取得が増加

国際標準化機構において、ISO9001(QMS)やISO14001(EMS)に続き、労務や財務など世界的に様々なマネジメントシステムの構築が進む中で、近年の企業や組織の急速なIT化を受けて、2006年にISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)が制定されました。日本では、その必要性から動きを先取りし「ISMS適合性評価制度」として利用されてきましたが、ISO27001の規格化を受け、以降、統合されることになりました。Pマークが個人情報に特化しているのに対して、ISO27001は情報セキュリティ全般を対象としていますので、企業秘密やノウハウなども含まれ、今後は世界的に情報セキュリティマネジメントシステムの主流となるでしょう。SGCでは、Pマークも含め、企業や組織にフィットした最適な情報セキュリティマネジメントシステムをご提案いたします。また、関連するITシステムの構築についてもご相談ください。


認証取得による効果


こんな企業(組織)様に

ISO27001は、以前にみられたようなハードのみに関する規格ではなく、ソフトを含めたマネジメントシステムであるため、個人情報のみならずナレッジマネジメントを推進する企業や組織など、様々な業種で注目されています。適用範囲は、場所や部門、サービス毎に決めることができます。

サン・グローバルのオリジナルノウハウ

  1. 経営全般支援
    取得だけを目標とせず、認証を経営に役立てます。
  2. 適正な文書化
    企業規模に合った使いやすい様式を提案します。
  3. チームサポート
    コンサルタントとコーディネーターが対応します。
  4. 充実の養成セミナー
    関係スタッフの養成に力を注ぎます。
  5. 第3者認証のサポート
    登録証が届くまで責任を持って支援いたします。
  6. アフターフォロー
    ご登録後のご相談も随時お受けいたします。
  7. ローコスト
    山梨県内であれば、交通費・宿泊費がかかりません。
    迅速サービス、半日コンサルティングが可能です。

認証までの流れ

構築方針設定

・キックオフ、要求事項の理解
・情報資産台帳の作成
・リスク分析・評価
・ISO27001構築方針の決定
・審査登録機関決定

管理策具体化・導入

・ルールの検討ならびに決定
・適用宣言書の作成
・スタッフ説明会、実施導入

審査

・内部監査
・本審査1
・本審査2

認証取得

 
◆企業概要
◆最新情報
◆セミナー情報
◆コンサル・コラム
◆お問合せ先
◆セミナー申込
◆リンク集

◆コンサルティング実績
◆コンサルスタッフ一覧
◆コンサルティング費用
◆お客さまの声
◆パートナー募集

◆経営コンサルティング
◆組織活性化支援
◆人事・賃金制度構築
◆社員教育
◆地域振興計画支援
◆ISO9001
◆ISO14001
◆ISO22000
◆OHSMS(OHSAS18000)
◆ISO27001
◆ISO13485
◆ISO/TS16949
◆ISO50001
◆P(プライバシー)マーク
◆EA(エコアクション)21
◆その他規格
株式会社サン・グローバル総合研究所

本社:山梨県甲府市相生1-7-3 東京営業所:東京都杉並区久我山5-8-6-307

Tel:055-233-3130 Fax:055-220-1353 E-mail:main@3gc.co.jp

Copyright(c) 2014 株式会社 サン・グローバル総合研究所 All Rights Reserved.