あなたの会社の個人情報は守られていますか?

規格認証の仕組み個人情報の保護は社会的責務です

2005年4月に全面施行された「個人情報保護法」を受け企業の個人情報管理に対する意識が高まっています。近年では様々な情報漏洩事故が報道されていますが、第三者だけでなく従業員によるものも多く発生しており、これらの事故による企業や組織のダメージは計り知れません。IT社会の今日において、Pマーク(プライバシーマーク)とは、JISQ150001(日本工業規格)を用いた国内の審査制度で、費用が安いこともあり個人情報保護法と連動した取り組みやすいマネジメントシステムとして、多くの企業や組織がマークを取得されています。ISO27001との違いは個人情報に特定している点ですが、特に多くの顧客情報を扱う企業にとって大変使いやすい規格となっています。SGCでは企業の事業内容や経営者の方針を伺い、P-mark取得・運用のお手伝いをいたします。


認証取得による効果


こんな企業(組織)様に

個人情報保護法では、5,000以上の整理された個人情報を取り扱っている事業者を個人情報取扱事業者といいます。これら事業者には法により取扱義務が課せられます。しかし情報量がこれ以下であっても、経営者の判断で独自にコンプライアンスのために取り組む企業や組織もあります。業種は問いませんが、基本的には全社単位で取り組みます。


サン・グローバルのオリジナルノウハウ

  1. 経営全般支援
    取得だけを目標とせず、認証を経営に役立てます。
  2. 適正な文書化
    企業規模に合った使いやすい様式を提案します。
  3. チームサポート
    コンサルタントとコーディネーターが対応します。
  4. 充実の養成セミナー
    関係スタッフの養成に力を注ぎます。
  5. 第3者認証のサポート
    登録証が届くまで責任を持って支援いたします。
  6. アフターフォロー
    ご登録後のご相談も随時お受けいたします。
  7. ローコスト
    山梨県内であれば、交通費・宿泊費がかかりません。
    迅速サービス、半日コンサルティングが可能です。

認証までの流れ

基本方針設定

・キックオフ、要求事項の理解
・個人情報管理台帳の作成
・現状分析(リスクやギャップ)
・CP構築方針の決定
(※CP=コンプライアンスプログラム)

CP構築・導入

・ルールの検討ならびに決定
・スタッフ説明会、実施導入
・内部監査(社内対応)

申請・審査

・審査機関の選定、申請書類作成
・文書審査、現地審査

認証取得

 
◆企業概要
◆最新情報
◆セミナー情報
◆コンサル・コラム
◆お問合せ先
◆セミナー申込
◆リンク集

◆コンサルティング実績
◆コンサルスタッフ一覧
◆コンサルティング費用
◆お客さまの声
◆パートナー募集

◆経営コンサルティング
◆組織活性化支援
◆人事・賃金制度構築
◆社員教育
◆地域振興計画支援
◆ISO9001
◆ISO14001
◆ISO22000
◆OHSMS(OHSAS18000)
◆ISO27001
◆ISO13485
◆ISO/TS16949
◆ISO50001
◆P(プライバシー)マーク
◆EA(エコアクション)21
◆その他規格
株式会社サン・グローバル総合研究所

本社:山梨県甲府市相生1-7-3 東京営業所:東京都杉並区久我山5-8-6-307

Tel:055-233-3130 Fax:055-220-1353 E-mail:main@3gc.co.jp

Copyright(c) 2014 株式会社 サン・グローバル総合研究所 All Rights Reserved.